フローリングとは、主に住宅などの部屋の床の素材で、床に木質の素材を覆うことをいいます。木質ですので、固くて重いものを落としたり、家具を引きずったりすると、素材の木の表面にへこみができたり、傷がつくことがあります。また、水をかけてしまって放置したりすると、表面がふくらんだり、表面の部分が剥がれることもあります。フローリングは表面に専用のワックスをかけてコーティングしていることが多いので、木の部分に損傷が無くても、ワックスのコーティングに傷がついたり、剥げてきたりすることもあります。

フローリングの修理は、これらの木の部分の補修とワックスのかけ直しの補修があります。まずワックスについては、いままで塗布していたワックスをそのままにしまままで新しいワックスをかけるとムラになるので、古いものを専用のワックス溶解剤でとってから、新しいワックスをかけるのが綺麗に仕上がるコツです。ワックスはかけた後に充分に乾かしてから床を使用する必要があります。次に、木の補修ですが、へこみや傷が大きくない場合は、パテで表面を平らに埋めてから、他の部分に調和するように色をつける方法が一般的です。

しかし、傷や剥がれが大きかったり、ふくらみが大きかったりする場合は、このような補修ではむしろ手間とコストが掛かってしまう場合があるので、フローリングを張り替えることも検討したほうが良いです。張替えは、部分張り替えができる場合と、全面張替えの場合があります。