• 立体駐車場で注意する点

    立体駐車場と聞くとどのようなものを想像しますか。


    ショッピングモール専用の大きな駐車場を考える人もいれば、係員がいるエレベーター式で駐車するものまで様々です。

    立体駐車場の有益な情報のご紹介です。

    特に、普段と違う車を運転している場合は要注意で、3ナンバーで止めることが出来ない立体駐車場が存在します。

    日本における立体駐車場で機械式のものは、昭和35年に東京都千代田区内に設置されたのが最初だと言われています。



    現代では、エレベーター方式の他に、垂直循環方式、多層循環方式、水平循環方式など様々な方法がありますが、いずれも枠内に車を停車して格納する方法としては共通しています。



    サイドミラーを折りたたむことと、パーキングで駐車することが一般的で、自分の車を出すまでに時間を要するのは難点です。
    平面駐車場に比べて多くの車を格納できることから、都心などの土地が高いエリアにおいて重宝している駐車場なのは言うまでもありません。
    また、雨の日や紫外線から車にダメージを与えることが無い事もプラスなポイントだと言えます。


    駐車場を経営する人にとっても立体駐車場はメリットがあります。
    平面の駐車場と同じスペースでも、多くの車を駐車できることと機械の操作を人間に任せることで、駐車場内の盗難や防犯の抑止ができ、トラブルを未然に防ぐことができることです。無断駐車をされる心配も無くなるポイントは、コインパーキングより優れており、コストパフォーマンスが高いと考えられます。