• 面積や客層に合わせて選ぶべき立体駐車場

    不動産も活用しなければ税金がかかるだけのお荷物となってしまいます。

    しかしアパートやマンションの建設には多大なコストがかかりますし、家賃が間違いなく入ってくるかは不透明です。
    一方でパーキングならば初期費用も抑えられますしコイン式など手堅い方法も採用できます。当然ながら車を常に停めておく以上はある程度の敷地面積が必要です。
    この問題も立体駐車場にすることで活用の幅を広げられます。


    敷地の境界を自由に伸ばすことは許されません。ただ高さを付けることで実質面積を何倍にも増やすことは可能です。

    たとえばビルディングのように複数の構造を重ねた立体駐車場は、都心や郊外を問わずよく目にします。ドライバーが希望の場所まで車を移動させて駐車しますから誘導員の配置も最小限です。

    一流の立体駐車場のサイトが登場しました。

    大型建築になりやすいため初期コストはかかりますが、維持しやすいのが自走式立体駐車場のメリットといえます。専用の機械を用いて車をリフトアップする立体駐車場も人気です。

    半自動的に収納してくれますから、自走式のように移動のためのスペースを要しません。



    またセキュリティ面は接触が制限される機械式の方に軍配が上がります。
    このため高級車の保管場所としてのニーズも上昇中です。

    もしも不動産活用を考えているならば、立体駐車場は魅力的な選択肢となります。所持している車や家族構成も踏まえて客層を把握すれば利益化はより早まることでしょう。

    建設の際には基準を満たせる専門企業へ相談することも重要です。