住宅を大規模改修工事を行うことをリノベーションといいますが、一戸建て住宅にお住まいの方ならば、後に2世帯住宅にリノベーションすることを希望される方もいます。この方法ではいくつかの施工内容に分けることができて、人気を持っている内容では2階部分を子供世帯が居住できるように施工して、1階部分を親世帯が使うように設定することです。他の方法では住宅を半分に設定することもでき、2階建て住宅を内部で2つに分ける方法です。それぞれの世帯が自由な生活を送ることができるように配慮することも大切で、キッチンやバスルーム、トイレなどの水周りの設備も2ヵ所にそれぞれ設置される方も存在しています。

玄関ドアについては1ヶ所に設定する方もいますが、多くの方が別々の玄関ドアに設定しています。この方法では夜間に出入りなどが必要になった際にも、お互いの世帯に迷惑をかけることが少なくなり、郵便物などもそれぞれの玄関ドアに配られることもメリットとして挙げられます。2世帯住宅に設定するリノベーションは高い人気を誇っていて、古い時代では同居という形で生活を送ることが必要だった方であっても、一定のプライバシーを守りながらお互いに助け合って生活を送ることにも向いています。将来的な部分を見据えることも大切な要素を持っていて、リノベーションを行う際には予めバリアフリーに設定しておくことも良い方法です。

フラットな床面に仕上げるだけでも十分な効果を得られます。